花と小物のアレンジを中心に、日々の楽しみを四葉のしおりをはさんでいくように綴っています


by kain-4

<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

花と小物で綴るお話

a0116973_18292648.jpg

 耳をすませば春の調べが聞こえてきます。
 あなたが好きな春の歌はなにかしら?
a0116973_15493853.jpg

 私は「早春賦」が好き。この生け花のタイトルも早春賦です。コブシの花はまだつぼみのままですが、水仙の香りが春の始まりを感じさせます。
a0116973_22475351.jpg

 「はーるよこい。はーやくこい♪」みいちゃんは春がくるのが待ち遠しいんです。
a0116973_1829559.jpg

 春一番の梅の花をひとさじいかが?赤い梅も白い梅もありますよ。
a0116973_18342231.jpg

 「あかりをつけましょボンボリに。お花をあげましょ桃の花♪」雛祭りは楽しいね。
a0116973_2385781.jpg

 春の庭にはちょうちょうがいっぱいとんできます。
a0116973_2126306.jpg

 蝶々はお遍路さんの傘にとまったり菜の花にとまったり。
a0116973_23134932.jpg

 「菜のはにあいたら桜に♪」とまったりします。
a0116973_23183840.jpg

 庭のチューリップにはお姫様と王子様が住んでいるのを知っていた?
a0116973_1471553.jpg

「あっ誰か来る!花びらを閉じて隠れましょう。どうぞこの花を摘まないで」
a0116973_21292994.jpg

 やさしい春風がふいたら花びらにのって遊びましょう。
a0116973_21301765.jpg

 お花のブランコも楽しいよ。
a0116973_18553064.jpg

 「ラララ赤い花束くるまに積んで♪」
a0116973_14155468.jpg

 お花畑で幼馴染とお喋り。
a0116973_85552.jpg
a0116973_863854.jpg

 二人とも帽子がお似合いよ。
a0116973_2131327.jpg

 こちらでは野の花たちがおしゃべりをしています。
a0116973_2131269.jpg

 こねこちゃん、かくれてないででておいで。
a0116973_21321811.jpg

 いっしょに「ネコふんじゃった♪」をひきましょう。
a0116973_14214918.jpg

 お友だちの声をきくと踊りだしたくなるの。
a0116973_1552091.jpg

 遊びつかれてちょっとお昼寝。ミツバチぶんぶん飛んでます。
a0116973_1243953.jpg

 めんどり母さんも卵を抱いてお昼寝です。
a0116973_20453940.jpg

 眠ってばかりいないでクローバーの野原に出かけましょう。
a0116973_875272.jpg

 あっ、野原に時計を落としたらクローバーになっちゃった。
a0116973_884542.jpg

 池に近い野原ではアヒルの母さん達が卵を温めています。一個だけ色が違うんだけど・・・。
a0116973_22265763.jpg

 桜が終わるとバラが咲きます。これは香りがいいモッコウバラ。
a0116973_893457.jpg

 私の庭に子豚のウーちゃんがレンガの家を建てました。
a0116973_21342463.jpg

 それで隣にビオラさんのアパートを建ててあげました。
a0116973_1959636.jpg

 あら、お客様かなベルがなる。カンパニュラの鐘はどんな音?
a0116973_20334822.jpg

 このバラの名前はアンネ・フランクです。ここでは思いっきりお日様を浴びてね。
a0116973_1424220.jpg

 バラの精が見る夢はきっとピンク色。
a0116973_14321556.jpg

 お城に迷いこんだアリスちゃん。トランプの兵士につかまっちゃいました。
a0116973_14433679.jpg

クルミのベッドでバラの花びらのお布団、スミレを枕に寝ていたお姫様は・・・。
a0116973_1503931.jpg

ヒキガエルにさらわれました。「ツバメさん、助けて~。蛙のお嫁さんなんていや」
a0116973_2140058.jpg

 5がつの庭でえんどう豆が実をつけました。5つの豆がどうなったか知ってるかな?
a0116973_203469.jpg

 本物のおひめさまはおふとんの下の豆が気になって眠れませんでした。
a0116973_22274416.jpg

 ワイルド・ストロベリーもたくさん実をつけています。
a0116973_22281019.jpg

 どれどれ重さを量りましょう。 
a0116973_20461855.jpg

 池にはひとりぼっちのアヒルの子。あのきれいな白い鳥はなんていう名前かしら?
a0116973_284573.jpg

 毎日雨が降り続きます。可愛い長靴をはいて「あめあめふれふれ♪」を歌います。
a0116973_20481668.jpg

 さあカエルくんもいっしょに歌ってね。
a0116973_218865.jpg

 雨がやんだら、かさも長靴もきれいに干しましょう。
a0116973_8102749.jpg

 夏は楽しい磯遊び。
a0116973_20472830.jpg

 貝を拾ったり、寄せては返す波と遊んだり。
a0116973_18562455.jpg

 渚で踊る「ソソラソラソラうさぎのダンス♪」 でも、ワニザメさんをからかっちゃだめですよ。
a0116973_21481958.jpg

 帆に風をうけてさあ冒険にしゅっぱーつ。
a0116973_121554.jpg

 出かけるときは必ず帽子をかぶってね。
a0116973_15535549.jpg

 ほら、お日様がこんなにまぶしいよ。
a0116973_21523628.jpg

 あかちゃんモミジのぼうしはいかが?
a0116973_19203848.jpg

a0116973_20501013.jpg

 アリさんは何を運んでいるのかな?
a0116973_2051332.jpg

 歌ってばかりのキリギリス。あっ!アリさん、おやつを持ってかないで~。
a0116973_20512783.jpg

 スイカとパイナップルも狙われてますよ。
a0116973_2148413.jpg

 お日さまをたっぷり浴びたらお風呂に入りましょう。
a0116973_15554665.jpg

 いつのまにか夏が去り、ドングリが落っこちてきました。
「小さい秋み~つけた♪」
a0116973_22283922.jpg

 リスさんたちはドングリ集めに夢中です。
a0116973_22462196.jpg

 「メリーさんの羊♪」は暖かい毛皮をまといます。
a0116973_21531780.jpg

 野原にはにエノコログサがいっぱい。この足跡はだれのかな?
a0116973_1857765.jpg

 みんなで仲良く遊びましょう。「かーごめかごめ♪」をしましょうか。
a0116973_1558988.jpg

 大縄跳びも楽しいね。 「お入んなさ~い、こんにちは♪」
a0116973_21551821.jpg

 運動会が始まりま~す。皆さん集まってくださーい。ドングリ放送局でした。
a0116973_21553820.jpg

 「まあ、こんなに?」リスさん夫婦はクルミをもらいました。
a0116973_21555635.jpg

 トトロはドングリにアケビにナシももらってご機嫌です。
a0116973_1601569.jpg

 今日のおやつはホットケーキ。あなたは何枚食べられるかな。あらっ、木に登ったのはトラじゃなくって・・・。
a0116973_1293836.jpg

 竜巻に飛ばされてしまったドロシーは、トラじゃなくってライオンやかかしと仲良くなりました。
a0116973_1611159.jpg

 さあ、みんなでパーティを開きましょう。何から食べようかしら?
a0116973_137459.jpg

 お城で開かれる舞踏会。でもシンデレラはお留守番。毎日台所で灰だらけ。
a0116973_22465849.jpg

 大事なドレスに穴まであいてしまったの。
a0116973_138779.jpg

 魔法使いのおばあさん、素敵な呪文を唱えてね。
a0116973_1621190.jpg

 カボチャはたちまち馬車に変わりました。ネズミの御者さん、お城へしゅぱ~つ!
a0116973_1625579.jpg

 あっ、グロリオーサのハンドバッグも忘れずに。
a0116973_1642344.jpg

 それとも蜘蛛の巣レースと水玉ビーズのバッグが素敵かしら?
a0116973_165409.jpg

 でも十二時前には帰ってきてね。魔法がとけてしまいます。
a0116973_1303732.jpg

 クリスマスまで毎日このカレンダーをめくってね。小さなプレゼントが入っているよ。
a0116973_201259.jpg

 今日のカレンダーには動物のボタン。赤いマントにつけましょう。このお手玉はおばあちゃんの手作り。
a0116973_1357685.jpg

 そしてこのユキウサギもおばあちゃんが作ってくれました。あかいおめめは庭に咲く南天の実。
a0116973_21026.jpg

 ウサギちゃんお耳が冷たいでしょう。手袋で作った耳カバーをどうぞ。
a0116973_214027.jpg

 そしてタミーちゃんには革手袋で作りました。格好いいでしょう。
a0116973_22474954.jpg

 矢筒も作ってもらったの。これで立派な森のエルフ。
a0116973_16281142.jpg

 キューピーちゃんには暖かなクマの着ぐるみをプレゼント。
a0116973_231480.jpg

 素敵なピアノをくださったお隣のおじいさまにはパンジーの刺繍をしたスリッパをあげるつもりです。
a0116973_16293641.jpg

 「ヤギの母さん今日は。クリスマスのお買い物?」
 「ええ、子ヤギはうちでお留守番。」
a0116973_16314140.jpg

 「母さんのおてては真っ白よ。」 上手に隠れたつもりでも七匹の尻尾が見えてます。
a0116973_1633298.jpg

 トナカイさんそろそろ出番ですよ。
a0116973_2114230.jpg

 ペコちゃんサンタがキャンドルスタンドのそばでおまちかねです。
今年の夏に浜辺で拾ったマリングラスがきれいでしょう。
a0116973_16343545.jpg

 モミの木の森の湖に斧を落としてしまいました。
a0116973_16354540.jpg

 静かなモミの森、だれもいないと思っていたらウサギと狐が木の間からのぞいていました。さあ人間たちはもうおうちに帰りなさい。十二月の神様たちが年越しの宴を開きます。
a0116973_2123374.jpg

 モミノキのツリーのてっぺんに星を飾るのはだれの役目?
a0116973_2131345.jpg

 「メリークリスマス!」カレンダーの最後の一枚。あなたはどんなプレゼントをもらったのかしら。
a0116973_2224712.jpg

 ほら、天使の歌声が聞こえてきます。
a0116973_2231667.jpg

 ペルーの天使さんもはずかしがらずに歌いましょう。
a0116973_22292826.jpg
 
 お友達のお家でクリスマスパーティです。ケーキをお土産に持っていきました。あら、キューピーちゃんは一足お先にバスタイム?
a0116973_16383130.jpg

 わたし、クリスマスケーキを食べすぎちゃったかしら。
a0116973_224980.jpg

 冬の夜空はきれいです。氷の上で踊っているのは雪の精?
a0116973_16391790.jpg

 これは雪のしずくから生まれた花たちです。
a0116973_15562914.jpg

 こんな寒い夜はシチューが一番。ガブガブは芽キャベツが大好きです。
a0116973_224578.jpg

 「ベッキー起きて!ごちそうよ!」
[PR]
by kain-4 | 2009-01-31 18:52 | kain花絵本

楽しい本作り

 ブログをお休みしている間に本を何冊か作りました。これがまた楽しくてついつい長くお休みしてしまいました。
 これまでに作った本を少しずつここへ並べていこうと思います。

(1)「小さな花飾り」 
a0116973_21565286.jpg

 記念すべき第一冊目。私の最初のブログ「花かんむりの部屋」からお気に入りをピックアップして製本しました。でも試作品だったのでコメントは含んでいません。
(2・3)「・・・さんへ」兄嫁のお母様と私の母のために。
a0116973_2159683.jpg

 兄嫁の四十九日に間に合うように製本したものです。兄嫁のお母様と私の母に贈りました。母のアルバムから兄一家の写真を集めて編集しました。母は記憶力がほとんどなくなっているので、昔詠んだ短歌を載せることにしました。兄一家との交流を詠んだ歌が何首もありました。

『一才の誕生迎へし孫の吹くラッパの音が受話器にひびく』

(4ー6)「花かんむりの部屋1~3」
a0116973_22245819.jpg

 私の最初のブログ「花かんむりの部屋」の記事とコメントを3分冊にしました。この頃には表紙に写真を入れることができるようになりました。皆さんからいただいたコメントは宝物です。ただ最近の目の悪さを考えると次は大活字版にしなくてはと思いました。それから、コメントが中心なのでモノクロで良いかなと思いました。カラーにするのは気に入りを選んでからにします。

(7・8)「ふるさとの空の青さやみかん山」 母と叔母のために
a0116973_2265580.jpg

 母のために短歌アルバムをを作りました。私の手元に約600首ほど母の詠んだ歌があります。母の両親の祝言写真(およそ90年昔です)から始めて母の子供時代の写真や兄弟姉妹の写真を時系列に並べました。そして私達が生まれてモノクロ時代が終わる頃までを一区切りにしました。

 記憶力の衰えた母は、大好きだった読書を楽しめず、テレビの筋も追えなくなりました。家族の写真と自分が詠んだ歌なら懐かしく楽しく読めるようです。
『蚊帳の裾を揺らして子らをいれてゐし母のしぐさを思ひいるなり』

 母の本をベースにして叔母さんの写真を追加し、叔母さんを詠んだ歌を入れるともう一冊できました。とても喜んでいただきました。

『訪ひくれし妹と二人で茶を飲みて取り留めもなき話してをり』

 白地の表紙が母に贈った本です。表紙写真は母のアルバムの表紙です。中原淳一さんの少女画の写し絵が母の手によって貼られています。昔から可愛いなぁと眺めていました。ブルーの表紙は叔母さん用です。


(9・10)「桜月夜」ブログ友達のBさんと母に
a0116973_2304018.jpg

 Bさんとは父の七回忌に帰省したときにお会いすることができ楽しいひとときを過ごしました。母よりお若い方で、とても聡明で楽しい方でした。その方も短歌を詠まれ、母のために作ったブログにたくさんコメントを寄せていただきました。お会いして直接希望を伺って編集しました。本のタイトルはその方と母のためのブログのタイトルを合体させたものです。写真は「小花倶楽部」から歌を連想させるものを選びました。
 ここでも1冊目をベースにして写真と文章を少し入れ替えて母のためにも作りました。
『思はぬに藤の咲きゐてせせらぎをおほへる程に花の散りをり』

(11・12) 「花の絵本」 小さい女の子と私のために
a0116973_0315537.jpg

 私のブログから気に入りの写真を並べてみると昔読んだお話が集まってひとつの物語らしきものができました。ブルーが文庫本サイズ、ピンクはポケット版です。私の身近にはもう小さい子が見当たらないのでブログ友達のHさんのお孫さんにあげたくて作りました。どころどころお孫さんたちの写真を混ぜました。物語にぴったりの写真を見つけるのがまたとても楽しい作業でした。
 関心がおありでしたら「kainの絵本」のカテゴリーをクリックしてください。

(13) 「ふるさとの空の・・・」 伯父さんのために
a0116973_2391753.jpg
 2008年の秋に父の七回忌の法要のために故郷に帰りました。その際に母の実家にも寄りました。両親のお墓参りをさせたかったのです。

 母の実家では伯父が健在で、温かいもてなしを受けました。そのお礼も兼ねて、前に作った本をベースにして、帰省時の写真を追加し、伯父を詠んだ歌をたくさん入れました。伯父さんがそれは喜んでくださって作り甲斐がありました。

 表紙の写真は昨秋撮った故郷の海です。

『蜜柑箱肩に担ぎて兄が来る今年も我に食べささむとて』

(14) 「野花もよう」 妹のために
a0116973_1234586.jpg

 私が作った「花の絵本」を見て妹が欲しいと言うので作りました。ポケット版のサイズが気に入ったようです。たしかに文字は小さいのですが写真を楽しむのにはとてもいいサイズだと思います。妹の娘の写真を隠し味にして多少作り変えました。

(15) 「空と海と花の短歌集」 ブログ友達のHさんのために
a0116973_1241946.jpg

 母の短歌ブログのために、花や虫、鳥の写真を快く貸してくださり、また短歌にもたくさんのコメントを寄せていただいたHさんのために作りました。母と同じく海辺の町に暮らしておられるHさん、お孫さんたちをこよなく愛していらっしゃるHさんには母の歌に共感していただけることが多いようでした。
 母の短歌仲間や兄弟姉妹は他界された方も多く、短歌集を作っても読んでくださる方が少なくなりました。でも、こうして新しい方々に歌を楽しんでいただけて何よりの喜びです。ブログを始めてよかったと思います。

『蓑虫の小さきままに蓑をきて杉の古枝に朝を揺れをり』

(16-18)「ソラ色の季節」ブログ友達のGさんと母と私のために
 彼女の描く絵が好きなので母の短歌と合わせて作らせていただきました。とても可愛い絵本に仕上がりました。絵にぴったりの歌を選ぶのがとても楽しくて本作りに嵌ってしまいました。歌も詠めず、絵も描けず、カメラ音痴の私ですが、編集は案外いけるかもってつい調子に乗ってしまいました。
私はポケット版がこの頃気に入っています。

(19-24)[ソラ色の季節」第2版 Gさんのために
 Gさんがとても喜んでくださってご両親やお友達にとのご希望だったので第二版として製本しました。今度は母の短歌集というよりもGさんの絵画集という形にしました。構成はほとんど変わらないのですが微妙なニュアンスを変えたりしました。

(25-27)「小花倶楽部1-3」
 前のブログの2年分を皆様から頂いたコメントと共に製本しました。老眼対策として大活字版にしましたので幾分読みやすくなりました。2007年1月から2008年2月までの記事は少なめなので1冊にまとめましたが、440ページほどになり、ちょっと厚すぎたかなと思いました。

  本の写真はいずれ後ほど追加いたします。それにしても我ながらたくさん作ったものです。母の短歌があったので自分ではほとんど文章を書かないで写真との組み合わせるだけですんだのが楽でした。Gさんの絵やHさんの写真と母の短歌がぴたりと嵌ったときにはとても嬉しくなりました。私は文章を描くのはあまり好きじゃありませんが、こういう風に編集するのが好きなんだと気がつきました。
[PR]
by kain-4 | 2009-01-26 21:03 | 四つ葉文庫