花と小物のアレンジを中心に、日々の楽しみを四葉のしおりをはさんでいくように綴っています


by kain-4

<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 ひつじ田のコメントで人物を詠んだ歌は投稿しないと言いましたが、考えてみるとブログを始めて丸四年、ネットを通じて親しくさせていただいた方々の周りには色々なことがありました。ご本人が病を得たり、お身内が入院されたり・・・。  母の歌の中に入院中の父や祖母などを呼んだ歌があります。退院の歌もあります。現在リハビリ中の方やお世話をしておられる方々への応援の気持ちをこめて少しご紹介しますね。

「病むわれの額互に触りては孫ら二人の遊びは続く」
 これは母の枕元で当時三歳の私の息子と姪が遊んでいる風景です。よく絞ってないタオルを額に乗せたりしていました。

「無骨なる叔父に枕をかえられつつ
  肯(うべな)う叔母の顔の安けり」
 あの大叔父さんがねぇ。大叔母さんは料理がとても上手でした。

「入院の夫(つま)思ひつつお茶漬けを
   一人食べゐる朝餉(あさげ)侘びしも」
 子供達が皆巣立った後、夫婦二人で寄り添って暮らしていた家ががらんとして・・・。

「雪うさぎ孫につくりてそのままに
   雪ふる日々を姑(はは)の病みをり」
「臥す姑(はは)を見守りをれば目のあひて
   どちらからともなくほほえみぬ」
「呆(ほう)けたる姑(はは)看とりつつこの姑と
   過ぎ来し長き日々思ふなり」
 いずれも祖母を詠んだもの。何でも器用で可愛らしいおばあちゃんでした。

「聖書読む声隣より聞こえくる病む夫(つま)の顔みつつききをり」
「病む夫へ窓をひらきてこの町の祭り太鼓のきこゆるを言ふ」
 父は晩年よく検査入院を繰り返しておりました。医師をはじめ懇意な人ばかりの病院でしたが地元から離れていたので母には大変でした。

「退院をして来し夫にはや慣れて手紙たのめり角のポストへ」
 子供の頃よく手紙を出すお手伝いをした四つ角のポスト。
「夫(つま)のいぬ二十日ばかりを休みいし柱時計がけふ動きだす」
 この時計は今では兄の家で大切にされています。
a0116973_9565915.jpg

[PR]
by kain-4 | 2009-10-29 22:32 | 短歌の風景

ひつじ田

a0116973_714151.jpg

「稲孫田(ひつじだ)を鳥とびたてりまた一羽
  ゆるりと食せすぐ去るものを」      (1998年作)
 刈り取られた田圃でひこばえをついばむ鳥たちが通りかかった母の気配で飛び立っていきます。稲穂が刈り取られた田圃に点在する藁ぐろ・・・秋ごとにに眺めていた風景です。
 monasaさんのブログに懐かしいような写真があったのでお借りしました。信州の秋です。monasaさんどうもありがとうございました。自分が作った歌もなかなか思い出せなくなった母ですが、ブログを見せてあげると目を輝かせて喜びます。
[PR]
by kain-4 | 2009-10-27 21:41 | 短歌の風景

蝶のようにリスのように

今日も昼休みに花を探す散歩に出ました。まず、千日紅、そして名も知らない小さな花。monasaさんやmimishimizu3さんに愛されそうな花です。
a0116973_21422770.jpg

a0116973_21425995.jpg

そして、ドライフラワーになった紫陽花。
a0116973_21434251.jpg

小さな紅葉・・・。
a0116973_21441457.jpg

ドングリと松ボックリを見つけたら冬ごもりのリスのように集めて回りました。今年のリースと正月飾り用にためておきましょう。
a0116973_19473046.jpg

四角刺子のランチョンマットは最近結婚した同僚からいただきました。
[PR]
by kain-4 | 2009-10-22 21:45 | 庭と街の花
a0116973_2233314.jpg

 本日の花材はナナカマド、ユリ(アボカド)、ミニバラ(マカルナ)
若い人がつけてくれたのは、やはり美味しそうなタイトルでした。噴水のように流れるチョコレートをミニバラにつけて食べたいそうです。とにかく滑って留めがきかない器でした。ユリの重みと枝を寄せ合うことでバランスを保っています。先生も「よく留めたわねぇ」と言ってくださいました。
 中に↓針金を丸めたものを入れて更に補強しました。この針金は古いアルバムを解体したときのものです。
a0116973_2133148.jpg
a0116973_2133298.jpg

[PR]
by kain-4 | 2009-10-21 21:34 | 今月の生花

今日見つけた花々

今日はランチ友達が休んだので一人で近所の公園を歩きました。天気もいいし、とてもいい気持ち。
団栗や枯葉も落ちていましたが、まだ色々花が咲いているんですね。
a0116973_21285016.jpg

 元気なマリゴールド。
a0116973_21281861.jpg

 ツワブキがもう咲いているんですね。斑入りの葉っぱが明るい印象です。
a0116973_21365624.jpg

 赤いサルビアがいっぱい。 
a0116973_21363433.jpg

 色違いのサルビアも。
a0116973_21374114.jpg

 これはエニシダ?
a0116973_213811.jpg

 色違いのマリゴールドでおしまい。
a0116973_21484922.jpg

 おまけに猫のひざかけ。妹からもらったブレゼントです。黒猫の顔と尻尾がついたクッションの中身が肌触りのいいひざ掛けです。今日散歩した公園には猫がいっぱいいるんですよ。でも水場に集まってくるのは夕方です。
[PR]
by kain-4 | 2009-10-20 21:50 | 庭と街の花

ムベ

a0116973_219533.jpg

a0116973_23165754.jpg

花材:ムベ、 菊、リコリス
 ムベの実を使うのは初めてです。枝先がくるくる巻いているのも気に入っています。タイトルをつけてくれる若い人は私の新しい花器↓と格闘中でした。なかなか難しい器なんですよ。この頃マンネリ気味と言っていたので器を変えたらと薦めました。楽しそうに格闘していたので「次はこの器↑を使って、もっと格闘しなさいね」と言ってあげました。彼女ならきっとどの器とも仲良くやれるでしょう。
[PR]
by kain-4 | 2009-10-14 21:15 | 今月の生花

プロバンス・ブーケ

a0116973_055566.jpg

a0116973_23534386.jpg

a0116973_21532274.jpg

 今日の花材は、トリカブト、ダリア、カンガルーポウです。新しい器は夏に使おうとしまったまま忘れていました。つるつる滑って留めるのが大変だったので、重たいトリカブトをブーケのようにまとめてから少しずつカンガルーポウやダリアを挿していきました。
 この花器を見た若い人が「あっ!かぶってみたい。」と言いました。そういえば帽子のつばを折り返したような形です。彼女からいただいたタイトルは「プロバンス・ブーケ」です。彼女のネーミングには食べ物と南欧が見え隠れしています。
 白い器は花の色を引き立てますね。今度花器だけの写真をお見せします。
[PR]
by kain-4 | 2009-10-08 00:09 | 今月の生花

青い鳥

a0116973_23413218.jpg

 我が家に青い鳥が飛び込んできました。窓あき封筒に立体的な青い鳥のシール。(今月のロゴをクリックすると大きく見えますよ。)gotennちゃんのお便りはいつも可愛い工夫がいっぱいで乙女心をくすぐられます。兄嫁が母に贈ってくれた鳥かごも小鳥がやってきて嬉しそうです。
[PR]
by kain-4 | 2009-10-07 23:46

ムラサキシキブ

a0116973_2334246.jpg

「村しぐれやみし深山(みやま)の草むらに
  紫式部の実の零(こぼ)れをり」
 
 しばらくブログをお休みしている間にムラサキシキブの写真を撮られた方が二人も♪
まずは、「子猫の迷い道」のkoneko2yさんのお写真をお借りしました。素敵な写真をありがとうございました。
母の歌の雰囲気に合っていると思うのですがいかがでしょう?
[PR]
by kain-4 | 2009-10-02 23:37 | 短歌の風景

a0116973_2244188.jpg

 「山萩の風に揺るるを見つつゐて
   峠にしばし汗をぬぐえり」

 これは山萩ではなく、我が家の白萩です。この日は風が強くてなかなかカメラに収まりませんでした。何しろ狭い庭なので全貌をお見せできなくて残念です。今年はほとんどほったらかしだったので、萩も酔芙蓉も枝を伸ばし放題です。
[PR]
by kain-4 | 2009-10-02 22:46 | 短歌の風景