花と小物のアレンジを中心に、日々の楽しみを四葉のしおりをはさんでいくように綴っています


by kain-4

タグ:俳句の風景 ( 2 ) タグの人気記事

ゲゲゲの与次郎

a0116973_139417.jpg
 この人形は私が35年ほど前に妹に作ってあげたものです。 着物とチャンチャンコとマフラーは妹が作りました。 あの頃米山京子さんのお人形が流行っていたような・・・。 私も3体ほど作りました。 与次郎という名前は漱石の小説からとったそうですが、私はマフラーの縞模様と髪型から鬼太郎を連想してしまいました。 それにしても妹物もちの良さにびっくりしました。
a0116973_8415415.jpg

 これは当時の写真です。 左端の女の子が気に入りだったのですが、もうありません。 官女の掛け軸があるのできっとひな祭りの頃でしょう。 生花は池坊を習い始めた頃なのでお恥ずかしいです。 今は草月です。
 
[PR]
by kain-4 | 2010-11-10 00:27

重陽の節句

a0116973_041033.jpg

 「目のとどく桶へもらひし菊ひたす」

 『私の五七五』という冊子をみつけたので、菊の節句にちなんで母の句をアップします。 母が俳句に親しんだのは昭和38年から40年の3年間だけです。 短歌の方が性に合うらしく、俳句はそれっきりでした。
a0116973_23571130.jpg

 この一冊に収まるだけの作品数です。 あとがきによれば、昭和63年の暮れに何となく書き留めてみたくなったそうです。「俳句と短歌のおかげで楽しい人生でした、ありがとう。」と何度も父に宛てて感謝の言葉が書いてありました。 当時まだ59歳だったのに、人生を振り返りたくなった考えたみたいです。 いまや81歳。 母方は長寿の家系なんですよ。
[PR]
by kain-4 | 2010-09-09 00:00